軽減税率についての導入について

消費税10%への引き上げに伴い軽減税率の導入の可否が議論されていますが、反対していた税調会長が交代されることになり、導入する方向に進んでいることは良いニュースと思っています。

現在の8%から2%上がるだけですが、例えば1万円の物を購入しても千円はらわなければならなくなることを予想すると、かなりの出費になります。高級家電や洋服などはもともと高額商品を選ばなければよいのでコントロールできますが、食料品など日常的に買わざるをえないものに一律に消費税を負担しなければならないのは疑問が残ります。国民全員で国の赤字を補わなければならないことはわかりますが、高齢者や働きたくても働くことができない人まで負担する必要はないと考えます。

軽減税率はどの商品に適用していくのか、仕組みづくりが複雑になるので費用がかかるといわれていますが、どちらかというと生産者側の意見が反映された声が多いと思います。軽減税率により税収人が減ることはわかりますが、普段の生活を犠牲にしてまで導入するのは反対です。

消費税は景気に関係なく導入されることが決定していますが、リーマンショックのような経済危機のときは回避されるようです。現在のデフレが続いている状況で消費税が導入されるのであれば、軽減税率とセットで検討してほしいと思います。お金を借りる

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です