現在は不可能だろうが、日米韓は協力するべき

韓国は今大統領が不在の混乱期になっています。
朴槿恵大統領がスキャンダル事件で執政できない状態が続いているためです。

朴槿恵大統領は就任直後から反日宣言を繰り返し、日本と日本国民の印象を著しく下げました。1965年の日韓基本条約で解決された慰安婦問題を再び煽りました。また産経新聞の支局長も大統領の都合の悪い記事を引用したと言って、裁判にかけるなど、もはや言論の自由のある法治国家のすることとは思えません。

さらに反日で中国と接近し、中国で2015年に開かれた抗日戦争勝利記念日の式典にも参加しました。日本が韓国を併合した恨みがあると言っても、中国と韓国は朝鮮戦争で、中国は義勇軍として北朝鮮とともに韓国に侵攻したのを朴大統領は忘れたのでしょうか?もはやもはや反日の権化でしかありません。確かに中国と接近することで、北朝鮮にも接近し対話もできる可能性も考えていたのかもしれませんが、それも後々外れました。

しかし2015年以降、韓国は核開発を継続し脅威となった北朝鮮に目を覚まし、中国も最終的には北朝鮮の同盟で韓国の味方ではないと気づき、同盟国であるアメリカと、ともに北朝鮮を脅威と見る日本と手を結ぶしかないと気づいたようです。そのため、現在北朝鮮ならず中国も反対する米軍のTHAADのミサイル配備を国内配備を決めましたし、あれだけ非難していた日本とも慰安婦問題の和解を宣言し、また日韓秘密軍事情報保護協定を結びました。反日に惑わされず、自国の脅威を冷静に判断した結果でしょう、外交とはこういうものです。朴政権は全く評価していませんが、これだけは評価できます。

しかし、韓国がようやく日米と協力し始めた途端内政問題で大統領は不在になりました。韓国は反日派が多いですし、日本でも韓国不信や嫌韓、反韓が多いので簡単でない部分も多いです。私も韓国に対しては不信感ばかりです。しかし感情論ではなく、冷静に国益から判断して、日米韓で北朝鮮や中国に冷徹に対応すべきことが本来の外交であり、安全保障として重要な部分なのです。

しかし、大統領が不在の国では、今後そのように進むかもわかりませんが・・・。プロミス審査

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です