マイナンバー制度について

10月5日から始まったマイナンバー制度ですが、色んな問題があると思います。
良い点としては色んな機構が連携が取れるという事だと思います。
年金の漏れなどは解決されるのかもしれないと思います。
今まで契約するのに色んな書類を揃えなければならなかった時にも有効活用できると思います。
しかし、そのカードの情報がなんらかの方法で他人に漏れてしまった場合が恐ろしいです。
若者は自分で管理できるかもしれませんが、認知が入ったお年寄りなどは犯罪のターゲットになるでしょう。日本国民全員に理解してもらうといのが最大の問題だと思います。
そして、10月5日から通知書が送られていますが実際人口全員に送られるかというと何割かは役所に返ってくるだろうという所にも問題を感じます。銀行カードローンの審査に通るには?3つの審査基準!
個人情報というのは産まれた瞬間から死ぬまであるものです。
カード一つにその人の全ての情報が管理され、永久的に番号の変更はできないというのは非常に問題を感じます。
対策も考えないまま始まってしまったマイナンバー制度という印象を強く受けます。
始まってしまったものは途中でやめられないでしょうから、なんらかの対策を考えないと日本は犯罪天国になるのではないでしょうか。
そして、管理する側は今まで以上に管理の質を上げなければいけないと思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です