イギリスのEU離脱について

イギリスの国民投票後、EU離脱かと騒がれ、経済が混乱しましたが、離脱撤回が可能な状況ですので長くは続かないと思います。イギリス国民自体が「後悔している」とのニュースが流れたこともあり、何だかんだ言ってもEU離脱はしないのではないかと思います。ただ、元々イギリスはポンドの使用にこだわったり、EUの中でもイギリスの態度を快く思わない国がいたことでしょう。さらに、一時とは言え国際経済を混乱させた罪は重いと思うので、すぐにはEU離脱撤回をさせないでしょう。実際に離脱されるとEU自体も痛いと思うので、多少じらしてイギリスいじめをした後に離脱撤回を受け入れるのではないでしょうか。ただ、何事もなくEU離脱撤回も、離脱派の反発が残ると思うので、何らかの対応をした方がいいのではないかと思います。イギリスは移民が多いとはいえ、たとえば留学生とイギリス国民では学費に差を付けたりしています。同様に、たとえば税金なども移民と国民で差をつけるなどしたらいいのではと思います。病院なども、無料の受診を移民も受けられるようですが、大盤振る舞いしすぎな気がします。移民にはきちんと対価を払うようにしてもらえば、混雑もいくらか解消するだろうし、国の財政も潤って一石二鳥ではないかと思います。自己破産

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です